FISHERMAN

2006/02

ニュージ−ランドのキングフィッシュ

Kingfish

 

FISHERMAN・アルミロッドケース

ニュージーランド・オークアンドから北島北部ケリケリへ

さらに、車で北上し、ボートで岬のフィッシングロッジへ

入り江の中にひっそりとたたずむフィッシングロッジ

47フィートのチャーターボートは快適だ。

 

ShrtGun300・220・180

 

SpinozaShort5122セットナット付き+Sardine150g

ニュージーランドの釣り旅を一手に引き受ける

トラウトandキングの 夷谷元宏社長(エビスダニ)

彼は、ニュージーランド観光局やニュージーランド航空など

からの信頼が厚い。そしてなにより彼は、釣り吉なのである。

サーディンジグ150g(試作)+紫電10/0細軸

Sardine220・180・150

 

ANDAMAN250・185・150

重量比50:50センターバランスジグの先がけとなったANDAMANシリーズ310g〜100g

実績に裏付けられた実力は、高い評価を得ている。

Marado185+紫電10/0細軸ダブル

Marado185・130

磯ぎわは、トップでヒラマサを狙える。これが面白い!!

 

サラシから巨大な影が、その前に小型のキングがヒット!!

小型でも走り回り、良いファイターだ!!

カウアイはS-POP30が大好きだ!! 夷谷さん連発だ!

力の強く引き味の良いカウアイ!!こいつも良い!

 

 

 

ShrtGun220+紫電10/0細軸

センターバランスジグの効果は凄い!

 

 

カウアイ

 ShrtGun220+紫電10/0細軸

夷谷さんは50:50のShrtGunジグを、上手く使いこなしはじめた。

彼は、このブルーのShrtGun220だけで10匹のキングを釣り上げた。

 

ANDAMAN150gで釣ったKingfish 140cm

 

良い感じで4日間を釣りまくった。写真はほとんど撮る暇がない。

70匹以上のキングを、ぼくひとりで釣った。撮影の合間に 夷谷さんも30は越えている。

なんと2人でキング100匹オーバー!!

ショックリーダーは100〜150lbで通した。もし60〜80lbだったら

数は凄いことになったに違いないのだが、・・・・・

今回の釣行を、ハイビジョンで録画したので機会があったらDVD化したいね。

真ん中が船長のアシュレーと左がクルーのデビット

アシュレーは、腕の確かな船長、デビットは親切でやさしい頼れるオヤジだ。

ふたりともナイスガイだ!!

 今回の釣行全て、トラウトandキングの夷谷さんが、手配してくれた。

 

協力・協賛 ニュージーランド観光局・ニュージーランド航空

旅の問い合わせ

http://www.troutandking.com/

 

FISHERMAN